【第35回東京国際映画祭】審査委員長にジュリー・テイモア、黒澤明賞復活!

한국어 English ジュリー・テイモア 10月24日~11月2日開催される第35回東京国際映画祭の主要企画が決定。コンペティション部門の審査委員長を舞台演出家・映画監督のジュリー・テイモアが務めるほか、黒澤明賞の復活、ジャパニーズ・アニメーション部門特集などが明らかとなった。 今回決定したのは、コンペティション部門の審査委員長をジュリー・テイモアが務めるほか、黒澤明賞の復活、ツ…

続きを読む

【日韓交流】第9回「日韓フォトコンテスト」が開催されます!

한국어 第9回「日韓フォトコンテスト」の応募が開始されます。同コンテストは、2014年に開始され、これまで在大韓民国日本国大使館公報文化院をはじめとする、日韓両国の行政機関、自治体、企業などの協力により、日韓間の交流促進と観光振興などを目的に毎年開催されています。今年の応募テーマは、「日本または韓国の魅力」です。 特に、今年開催される同コンテストには、在済州日本国総領事館が初めて運営…

続きを読む

【山下美智代コラム】Super Music Festival 2022 ODAIBA LIVE~コロナを乗り越え友好は日韓から世界へ~

「Super Music Festival 2022 ODAIBA LIVE」が8月20日(土)・21日(日)に、お台場青海R地区で開催された。 このフェスティバルは、日韓を始め世界友好や文化交流の発展に貢献する目的として、サンコーポレーション(株)、ケーワイアイ(株)、ジェイ・ケイ・ティ・エンターテイメント(株)、栄泰サービス(株)が共同企画・制作し、ナイジェリア大使館やサンマリノ大使館…

続きを読む

【第35回東京国際映画祭】初の東京宝塚劇場、TOHOシネマズ 日比谷など会場拡大へ

한국어 English 10月24日から11月2日にかけて開催される第35回東京国際映画祭の会場が拡大されることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。 昨年から会場を日比谷・有楽町・銀座エリアに移し、プログラミング・ディレクターも交代となった東京国際映画祭。今年は昨年よりさらに会場を拡大し、10月24日のオープニングセレモニーに関しては、初の会場となる東京宝塚劇場で行うほか…

続きを読む

【新天地イエス教会】「団体献血·献血証寄付」韓国新記録達成!大韓赤十字社会長「献血有功章」受賞!

한국어 English 新天地イエス教証拠帳幕聖殿(以下、新天地イエス教会、総会長イ·マンヒ)が、6月16日付で、韓国記録院より「単一機関·最短期間·最多人数献血」及び「最多献血証明書寄付」の認証を取得した。 新天地イエス教会は、去る4月18日〜5月4日まで17日間行われた団体献血に18,819人が参加し、32,324枚の献血証明書を寄付したが、これが正式な記録として認められ韓国記録院…

続きを読む

【パンデミック条約】WHOに政府に対する統制権を与えるものではない

한국어 English世界保健機関(WHO)が議題として取り上げる国際保健規則の改正案はWHOに政府に対する新たな権限を与えることではない。 (abc10.com)5月22日から世界保健総会がジュネーブで開かれている中、世界保健機関の加盟国らが集い、世界的に重要な公衆衛生問題の現在および将来の優先事項について話し合っている。議題には、米国が提案した国際保健規則の改正案が含まれている。この改正案…

続きを読む

【大機小機コラム】対韓輸出規制という黒歴史

한국어 《日本経済新聞》間もなくバイデン米大統領が訪日する。先に韓国ソウルを訪れ、尹錫悦(ユン・ソンニョル)新大統領との会談を済ませてからとなる。北朝鮮の脅威が高まる中で、「日韓関係の改善」は米国の北東アジア政策の中でも優先順位が高いことは言をまたない。 日韓間の争点は多々あれど、この機会に確認しておきたいことがある。3年前に実施した半導体材料の輸出規制は失敗だったということだ。 20…

続きを読む

【山下美智代コラム】あなたの人生、片付けます/姑の遺品整理は、迷惑です

数年前、もっと以前になるだろうか、「ごみ屋敷」という言葉が登場した。最近と言っても数年前からは「汚部屋」という言葉が登場している。字の如く部屋がゴミや物で散乱しているという部屋のことだ。部屋が片付けられない。物、ゴミが捨てられない。そういう人が増えているのだろうか。 そこで登場したのが「あなたの人生、片づけます」と言ってくれる本だ。この本に登場する「片づけ屋の大庭十萬里さん」が汚部屋だけで…

続きを読む

【HWPL·新天地】18,000名団体献血、韓国の血液安定供給に寄与

한국어 English 新天地イエス教のヤン·ジンスク奉仕交通部長(左)が9日、ソウル南部血液院で血液管理本部チョ·ナムソン本部長(右)に献血証書及び献血寄付権を伝達して記念撮影を行っている。 新型コロナウイルスによる血液不足現象が世界中に広がる中、アメリカ赤十字社は1月に患者の治療に大きな危険をもたらす「国家的血液危機」を宣言した。 また、3月には医療界非営利団体であるメモリアル血液センタ…

続きを読む

【山下美智子コラム】「女性らしさ」ということ②〜ルビー 〜

若い頃友人にジュエリー展に誘われて行ったことがある。私はアクセサリーやジュエリーとい うものには関心がなかったのだけれどファッションには関心があって、当時大人気だった雑誌「an・an」を見てはDCブランドの服を買い、おしゃれを楽しんでいた。それで友人からはジュエリーにも関心があるように思われたのかも知れない。 「じゃあ、時計があるなら行くわ」と誘いに乗った。私の唯一のアクセサリーは腕…

続きを読む