【EAFF E-1フットボール選手権(旧東アジア·カップ)】北朝鮮女子サッカー、日本破り3連覇達成

한국어
15日午後、日本千葉県蘇我スポーツ公園で開かれた「2017東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップ(旧東アジア•カップ)」女子第3戦で、北朝鮮の女子サッカー代表チーム(FIFAランキング10位)が日本を2-0で破り3連覇を達成した。

北朝鮮は後半20分、キム•ユンミが左足ミドルシュートで先制ゴールを決めた。続いて、後半37分、リー•ヒャンシムが追加ゴールを決めた。キム•ユンミは中国戦で2ゴール、韓国戦で1ゴールを決め、合わせて4得点を記録し得点王に輝いた。
20171215_222512.jpg
キム•ユンミ選手が応援団の歓声に応えている。
キム•グァンミン監督は「日本選手たちのテクニックは素晴らしかった。彼らの優れた個人技に対して、私たちは精神力と組織力で対抗した」とし「北朝鮮では女子サッカーが一般にも普及されており、とても重視されている。すべての選手たちは若い頃から国家代表になることを夢見ている。だから、しっかり後を継いでくれる後輩が育ってきている」と感想を述べた。
20171215_222447.jpg
両手を上げ喜ぶキム・グァンミン監督
【EAFF E-1フットボール選手権(旧東アジア·カップ)】北朝鮮女子サッカー、韓国破り2連勝、15日に日本と大戦
【EAFF E-1フットボール選手権(東アジアカップ)】8日、北朝鮮女子サッカー、中国破り3連覇挑戦
【EAFF EAST ASIAN CUP 2015】「北朝鮮女サッカー、東アジア・カップ2連続優勝
【EAFF EAST ASIAN CUP 2013】南と北が抱き合う感動シーン
【EAFF EAST ASIAN CUP 2013】「抱き合った南と北」

この記事へのコメント