【2016年 冬の匠 芸術展】 精神絵画•水墨画と鉱石と光の融合芸術空間

한국어
精神絵画と云われる水墨画 ― 古くは我欲と煩悩を払拭するため禅僧の修行として用いられ、謙虚さと清貧を尊ぶ文人たちに愛されてきた。

今回の芸術展では、水墨画作家・矢田作十路先生が長年の経験から生み出した見る者の心に安らぎを与える原画作品数十点に加え、ブラックライトに反応し昼夜で別の表情を見せるオリジナルイルミネーション作品、天然鉱石で創られた薬石ARTなどか展示される。

今までにない、水墨画と鉱石と光が織りなす安らぎの空間を楽しむ芸術展である。

【開催概要】
日程: 2016年12月20日(火)~25日(日)
時間: 11:00~19:00 (最終日のみ16:00まで)
場所: 銀座 清月堂画廊 (東京都中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビル2F
主催: 玉泉工芸)

DSC_0547.JPG
2016年自由民主党総裁賞受賞「巣立ち」
IMG_20161224_114507.jpg
参議院議長賞受賞作
IMG_20161224_114219.jpgIMG_20161224_114235.jpgIMG_20161224_114302.jpg

"【2016年 冬の匠 芸術展】 精神絵画•水墨画と鉱石と光の融合芸術空間"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: