【命のビザ】 良心の法を重んじた杉原千畝

한국어
日本人シンドラーと呼ばれる杉原千畝さんは、伝統的な武士の家系に生まれ、1919年に早稲田大学高等師範部英語科を中退、1924年に外交官となり、同年正教会に改宗した。

1939年、第2次大戦が勃発する直前に、ロシアと国境を接するリトアニアの日本領事館領事代理として赴任したが、その翌年ドイツ軍がポーランドを占領したので、ポーランド系ユダヤ人難民がビザ発給を求めて領事館に詰め掛けてきた。当時リトアニアを占領していたソ連は、各国の領事館、大使館を閉鎖するよう通達を出したが、日本領事館は最後までビザの発給を続けた。

祖国ポーランドから逃れてきたユダヤ人難民は、早朝から日本通過ビザの発給を求めて連日100名ほど日本領事館を取り囲んでいた。杉原氏は早速、日本の外務省にユダヤ人へのビザ発給許可を求める電報を打ったが、3回とも断られた。

そのまま放っておくと、彼らは拘束されて収容所送りになってしまう。人道主義に立脚するべきなのか、政府の訓令に従うべきなのか一晩悩んだ末、杉原は本国の命令に背いて、ビザを発給することにした。人の法よりも良心の法に従うと決めた彼は、朝早く閉め切っていた領事館の門を開いた。
40df7ff5.jpg
リトアニアの日本領事館前で日本通過ビザ発給を要求するユダヤ人たち
それから28日間、毎日20時間ビザ発給の書類を自らの手ひとつで書き始め、腕が固まって動かなくなるまでペンを離さなかった。審査条件を大幅に緩和し資格を持たないユダヤ人まで受け入れ、一日300枚以上発行したこともあった。

また、領事館が閉鎖され、リトアニアを発つ汽車の中でもビザを発給し、「許してください。もう書く事が出来ません。皆さんのご無事をお祈りしています」と頭を下げて、自分の署名とハンコを押した書類と印鑑を外に投げ、ユダヤ人自らビザを完成するようにした。

このように、所謂「命のビザ」で救出されたユダヤ人は、少なくとも6000人に達するといわれる。その反面、翌年リトアニアがドイツ軍の手に落ち、ナチスと現地人によって犠牲になったユダヤ人たちが20万人に及んだという。

「命のビザ」を手に入れたユダヤ人たちは、ウラジオストクと日本の港町の敦賀•神戸を経由して上海にたどり着いた。一方、杉原はチェコ共和国領事館で働いていたが、逮捕され収監された。後に日本に送還され、ビザ発給の責任を問われて外務省を解雇されてしまい、一生電球を売りながら貧しい生活を送った。

それから28年後の1968年、遂にリトアニアでの献身的な行動が報われる時がやって来た。その当時ビザを発給してもらった「ニシュリ」氏が、在日イスラエル大使館の参事官として日本に赴任し、二人が劇的に再会したのだ。その時、ニシュリ氏が手に握っていたのは、もうボロボロになってしまったあの時の「命のビザ」だった。
aa74d34d75649cc8e17574865a3d5517.jpg
生命のビザ
この瞬間杉原氏は、自分の行為が無駄ではなかったことを知り、これまでの苦労が報われたという思いになったという。また、それはリトアニアの駅を離れるときにユダヤ人たちが叫んだ言葉、「私たちはあなたを忘れません。もう一度あなたに会います」という、民族としての約束を彼らが果たした瞬間でもあった。

1985年、杉原氏にイスラエルの政府からヤド・ヴァシェム賞と「諸国民の中の正義の人」という称号が与えられた。受賞メダルには「ひとりの命を救うことは全世界を救うのと同じである」というタルムードからの引用文が刻まれていた。

日本政府が杉原氏の名誉を正式に回復してあげたのは、彼の死後14年も過ぎた2000年だった。 「故杉原氏は今から六十年前に、ナチスによるユダヤ人迫害という極限的な局面において人道的かつ勇気のある判断をされることで、人道的考慮の大切さを示されました。私は、このような素晴らしい先輩を持つことができたことを誇りに思う次第です。(2000年10月10日、河野洋平外務大臣)

「命のビザ」は、来年ユネスコ「記憶遺産」として申請され、2017年にユネスコ国際諮問委員会で審査される予定である。

一方、今年9月3日に行われた「中国人民抗日戦争•世界反ファシズム戦争勝利70年」行事を期に、上海に逃れてきた3万人近いユダヤ難民に関する資料を集めた「上海ユダヤ難民記念館」から杉原千畝氏についての展示品がほとんど抹消されている。さらに「日本軍はユダヤ難民にも残虐行為を行った」との歴史歪曲まで行われている。893.jpg
終戦70周年記念映画「杉原千畝」12月5日全国公開
【日本を救ったスリランカ】日本4分割を防いたジャヤワルダナ
【日本を救ったトルコ】100年前の恩返し
【ミヤンマー祭り2015】日本を救ってくれた恩返し
【ミャンマー総選挙】在日ミャンマー人
【政治】安倍改造政権支える宗教
【政治】安倍首相、難民支援に970億円支出 「安保理進出決意」表明
【政治】人間の安全保証と我が国のあり方
【番町政策研究所】2015躍進の集い
【政治】為公会と語る夕べ
【政治】新憲法を制定する前進大会
【第二次世界対戦終戦70周年】日本キリスト教の第二復興期
【政治】地球人を愛する外交
【政治】 日本の国造り、ビジョン2020
【同性婚条例】渋谷「同性婚」条例
【同性愛条例】同性愛は教会に対する警告
【法王フランシス】「神のかたちは夫婦、即ち男性と女性である」【バチカン】「どうもイエスが戻ってくるとはとても思えない」
【国連】潘基文国連事務総長、「ウガンダの反同性愛法を懸念している」
【ベストセラー】宗教はいかに同性愛嫌悪症を克服できるのか?
【Miracle】The Miracle Of Human Creation:Image of God、하나님의 형상、神の像、神们像、Gottebenbildlichkeit
【Miracle】NASA Finds Message From God on Mars 火星探査船「Curiosity Rover」神のメッセージ発見 화성탐사선 "Curiosity Rover" 하나님 메시지 발견
【同性愛禁止法】「同性愛禁止法は合憲」、インド最高裁が判決 は合憲、インド最高裁が判決
【ウェブサイト】全世界ポルノサイトの60%, アメリカが占める
【アメリカ】米国テキサス州議会、中絶禁止

"【命のビザ】 良心の法を重んじた杉原千畝"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: