【同性婚条例】同性愛は教会に対する警告

한국어
3月31日、東京・渋谷区議会は同性カップルを結婚に相当する関係と認め「パートナー」として証明する条例案を賛成多数で可決した。こうした条例は全国初で、区は4月1日施行、早ければ夏ごろからの証明書発行を目指す。

「同性愛者達は親のいずれか同性との関係が欠乏し、これを同性愛で補充しようとする。」(ジョン・ストット)

一般的に教会は同性愛者達に愛を示すことが出来ませんでした。彼らに対する個人的な反感は、非合理的な恐怖、敵意と嫌悪が合成された、「同性愛嫌悪症」である。即ち異性愛者のキリスト人達が、同性愛者達に対して彼らの習慣を捨てろと主張するならば、彼らも同様に「同性愛嫌悪」を捨てなければならない。同性愛者達の大半は自分達の状況と行動に自ら責任を負えない立場だろう。

同性愛の心理的な根底には、深い孤独、相互愛を求める本性的な渇き、アイデンティティーの追求、そして完全性への渇望がある。彼らは、孤独な痛みに耐えるか、又は、同性間の暖かい肉体関係を選ぶことになる。

そこで、第三の選択肢があり得る。教会が彼らを温かく受け入れ、真の愛でサポートすることによって、第三の脱出口があることを示してあげる必要がある。異性愛者のキリスト教徒達は、同性愛者達に対して彼らの習慣を捨てろと主張すると同時に、自分達の同性愛嫌悪をも捨てなければならない。

キリスト教徒の反同性愛運動それ自体が、正に教会に対する神の警告でもある。もし、教会の家族の中から彼らが第三の道を見つけられないならば、キリスト教に真実の愛を訴える資格はありません。真の愛は道徳的な基準の維持との互換条件ではない。

001-035fb-thumbnail2.jpg【法王フランシス】「神のかたちは夫婦、即ち男性と女性である」【バチカン】「どうもイエスが戻ってくるとはとても思えない」
【国連】潘基文国連事務総長、「ウガンダの反同性愛法を懸念している」
【ベストセラー】宗教はいかに同性愛嫌悪症を克服できるのか?
【Miracle】The Miracle Of Human Creation:Image of God、하나님의 형상、神の像、神们像、Gottebenbildlichkeit
【Miracle】NASA Finds Message From God on Mars 火星探査船「Curiosity Rover」神のメッセージ発見 화성탐사선 "Curiosity Rover" 하나님 메시지 발견
【同性愛禁止法】「同性愛禁止法は合憲」、インド最高裁が判決 は合憲、インド最高裁が判決
【ウェブサイト】全世界ポルノサイトの60%, アメリカが占める
【アメリカ】米国テキサス州議会、中絶禁止法案通過 "妊娠20週以降禁止"

"【同性婚条例】同性愛は教会に対する警告"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: