【設立者生誕100周年】第27回夢の種音楽会「疎外された音楽の英才たちのサクセスストーリー」

한국어 2月9日、(社)自願奉仕愛苑(文薫淑理事長)が主催し、音楽ジャーナルの主管、保健福祉部·(株)一和·孝情世界平和財団·福祉TV·韓国自願奉仕協議会の後援、5人の夢の種演奏者·高陽フィルハーモニー管弦楽団の共演で開かれた「設立者生誕100周年記念」<第27回夢の種音楽会>が盛況のうちに幕を下ろした。 2005年から開催されてきた夢の種コンサートは、疎外された障害·非障害…

続きを読む

父子物語「血筋」、3月28日より東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー

한국어 カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリを受賞したドキュメンタリー映画「血筋」が3月28日に東京・ポレポレ東中野で公開される。 本作は、父と子の再会劇を通して中国朝鮮族の姿を映すもの。中国の朝鮮族による自治州・延吉で生まれ、10歳で日本へ移住した主人公ソンウは、20歳になったことをきっかけに画家だった父を探そうと決意する。叔父の助けにより再会を果たすも、父は韓国で不法滞…

続きを読む

【2019キネマ旬報BEST10】「アイたちの学校」が文化映画10位に選出!

キネマ旬報2月下旬Best10発表特別号한국어 朝鮮学校の歴史と現状を描いた髙賛侑(コ・チャンユ)監督の初の長編ドキュメンタリー映画「アイたちの学校」が2019第93回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門の10位に選出された。 『キネマ旬報』は、 1919年に創刊し、 現在まで続いている映画雑誌として、 世界一の歴史を誇る。最初に、 キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度。 当初…

続きを読む

【山下美智代コラム】民団新年会「相手が変わるのを待つのではなく、まず受け入れ近づく」

한국어 去る1月10日都内で、今年も在日本大韓民国民団(以下民団)の新年会が行なわれた。毎年、駐日本大使をはじめ韓日議員連盟・日韓議員連盟所属の国会議員や日本の各党から代表議員達が参加する。今年は団員を合わせると500名余りが参加した。 私は今年初めて覗かせていただいたのだが、日韓両国から多くの議員達の参加を見て民団の力の大きさを感じた。各役員、議員代表が祝辞を述べられたが、その多く…

続きを読む

【山下美智代コラム】永遠に共にいたい夫婦·男女の愛を描いた演劇『君を愛してる』

한국어 人生の中で、人は愛に出会い、そしてそれを深めていく。どんな愛の形であれ、「愛する人とずっと一緒にいたい」という思いは変わらない。そんな思いを感じさせてくれる大人なラブストーリー。 20年前に妻に先立たれ、どこか偏屈になっている牛乳配達員のマンソクが、廃紙回収しながら、一人孤独に生きる老女ソン氏に出会い、何となく気にかかり、惹かれ、恋がめばえる。意地っ張りで、自分の気持ちも伝え…

続きを読む

【アイたちの学校·早稲田大上映会】高賛侑監督囲む会「日本人も同胞愛共有すべき」

한국어 1月20日、早稲田大学で行われた「アイたちの学校」上映会後に、高賛侑監督を囲んで懇親会があり、各自感想を述べる機会がありました。 アジアニュースの金金山と申します。そして、韓国に住んでいる在韓日本人会「ライラック」の顧問を務めています。 日本の社会で朝鮮学校や朝鮮籍の方々が差別を受ける理由の一つとして挙げられることは、皆さんが北朝鮮や朝鮮総連について良く分からないからだとい…

続きを読む

遅咲きロ(老)マンス「君を愛してる」、西京大公演芸術センターで2/2日迄公演

1月15日に就任した「UN世界孤児の日」推進委のイ・スンジェ総裁が就任記念として、「君を愛してる」公演に韓·日多文化家庭を特別招待した。한국어 私たちの人生で一番美しい告白は何だろうか?おそらく「あなたを愛してる」であろう。昨年11月22日、韓国の西京大学校公演芸術センタースコーン1館で開幕した演劇<君を愛してる>は、老年の愛を描いた珍しい物語である。 舞台に登場する主人公た…

続きを読む

【UN世界孤児の日】国民俳優イ・スンジェ総裁就任、「今年は正念場、グローバルネットワーク構築」

韓国プレスセンター18F外信記者クラブ(1/15)한국어 大韓民国の最高齢国民俳優、イ・スンジェ(李順載)氏が「UN世界孤児の日」制定推進委員会の総裁に就任した。李総裁は、15日、韓国プレスセンター外信記者クラブで開かれた就任式で「韓国が難しかった時に助けられたことに対して『世界への感謝の一環として始めた』という趣旨に共感し、総裁職を引き受けた」と述べた。 李総裁は、「先日、木浦共生園に…

続きを読む

【2020民団新年会】今年は日韓正常化の本番、正念場!

呂健二民団中央本部団長、2020民団新年会(八芳園、1/10) 한국어 10日、東京都港区の八芳園で開かれた在日本大韓民国民民団の新年会に参加した昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟会長(共に民主党)は記者団に会い、「日本の議員と会って安倍晋三首相が韓日関係改善の確かな意志があることを何度も確認した」と述べた。 この日、民団新年会には南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使、中山展宏・外…

続きを読む

【美しい日本】「ごめんなさいの文化」は日本の誇り、「赦しの心」が切り開く世界平和!

한국어 日本人は「よく謝る人」と言われます。「ごめんなさい」「すいません」は日本人が最も頻繁に使う言葉の第1位と言えるほど、普段から本当によく使うので、謝りすぎの場合さえよくあります。このような「謝る文化」は、アジアにおいては非常に特殊な現象でもあります。 ところが、知ってみると他人の感情をおもんぱかる日本の「謝る文化」「ごめんなさいの文化」は、他人を意識する「気遣い」から始まるもの…

続きを読む