【山下美智代コラム】医療オリンピック「危機に瀕した世界を救うために、がんばれニッポン!」

한국어 最近、日本では連日有名・著名人の新型コロナウィルス(以下、コロナ)感染、コロナ肺炎による死亡、都内のコロナ感染者数の増加が報道される。コロナ肺炎がパンデミック化して久しい。にも関わらず、未だ、コロナに効果のある治療薬も発見されていない。 韓国では、 中国に感染者が急増してきた頃、中国を心配し、マスクを大量に贈り援助した。 隣国の非常事態に、中国との交流が多い韓国は、脅威を感じ『や…

続きを読む

【山下美智代コラム】イ·スンジェ氏「UN世界孤児の日」推進委総裁就任、日韓が世界の父母になる日を目指して

「UN世界孤児の日」推進委総裁に就任したイ·スンジェ氏한국어 イ·スンジェ(李·順載)氏と言えば、知らない人がいないぐらい韓国において有名な国民的俳優だ。そのイ·スンジェ氏が、「UN世界孤児の日」制定推進委員会の総裁に就任し、その就任式が1月15日韓国プレスセンター外信記者クラブで開かれた。 「UN世界孤児の日」制定推進委員会は、「木浦の母」と言われたユン·ハクジャ(尹·鶴子)女史(日本…

続きを読む

【山下美智代コラム】天上ヒーリングボイス「波多野聖子」×奇跡の声「ポール·ポッツ」東京五輪で再会を

左から羽多野聖子、ポール·ポッツ、山下美智代さん한국어 「2020年!待ちに待った年が開幕した」と言って良いぐらいに、この年は特に日本人にとって期待と希望に満ちた年だ。56年ぶりに東京オリンピックの開催を控えている、この重要な年の幕開けに、ニューイヤーコンサートとして『羽多野聖子ニューイヤーコンサートwithポール・ポッツ』が、1月7日、「天上ヒーリングボイス」と「奇跡の声」の共演で東京で開か…

続きを読む

コロナウイルス、人類への警告か?

한국어 人類が最も恐れた三つの災害は、飢饉(干ばつ、洪水)と伝染病と地震であった。昨年12月、中国の武漢で初めて発生して全世界に広がっている武漢肺炎または新型コロナウイルスと呼ばれる呼吸器感染症の公式名称は、英語では「COVID-19」、ハングルでは「コロナウイルス感染症19」(略称、コロナ19)である。 ウイルスは、タンパク質や核酸の塊で構成された非常に単純な微生物だが、先端科学技術時…

続きを読む

【山下美智代コラム】夢の種音楽会、内的な障害を精神力で克服した、「父母の愛」が生んだ奇跡

한국어 夢の種音楽会!なんて素敵な名前だろう。夢の種がいっぱい集まっていて、そこから種を飛ばして行こうとする。そんな夢と希望が集まった音楽会が、2月9日、ソウル市内にあるロッテコンサートホールで開かれた。今年でもう27回目を迎える。 (社)自願奉仕愛苑(以下、愛苑)主催にて開かれたこの素敵な音楽会は、今年は特別に設立者文鮮明総裁の生誕100周年を記念し、文総裁の意を汲んで、「Love &…

続きを読む

【設立者生誕100周年】第27回夢の種音楽会「疎外された音楽の英才たちのサクセスストーリー」

한국어 2月9日、(社)自願奉仕愛苑(文薫淑理事長)が主催し、音楽ジャーナルの主管、保健福祉部·(株)一和·孝情世界平和財団·福祉TV·韓国自願奉仕協議会の後援、5人の夢の種演奏者·高陽フィルハーモニー管弦楽団の共演で開かれた「設立者生誕100周年記念」<第27回夢の種音楽会>が盛況のうちに幕を下ろした。 2005年から開催されてきた夢の種コンサートは、疎外された障害·非障害…

続きを読む

父子物語「血筋」、3月28日より東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー

한국어 カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリを受賞したドキュメンタリー映画「血筋」が3月28日に東京・ポレポレ東中野で公開される。 本作は、父と子の再会劇を通して中国朝鮮族の姿を映すもの。中国の朝鮮族による自治州・延吉で生まれ、10歳で日本へ移住した主人公ソンウは、20歳になったことをきっかけに画家だった父を探そうと決意する。叔父の助けにより再会を果たすも、父は韓国で不法滞…

続きを読む

【2019キネマ旬報BEST10】「アイたちの学校」が文化映画10位に選出!

キネマ旬報2月下旬Best10発表特別号한국어 朝鮮学校の歴史と現状を描いた髙賛侑(コ・チャンユ)監督の初の長編ドキュメンタリー映画「アイたちの学校」が2019第93回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門の10位に選出された。 『キネマ旬報』は、 1919年に創刊し、 現在まで続いている映画雑誌として、 世界一の歴史を誇る。最初に、 キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度。 当初…

続きを読む

【山下美智代コラム】民団新年会「相手が変わるのを待つのではなく、まず受け入れ近づく」

한국어 去る1月10日都内で、今年も在日本大韓民国民団(以下民団)の新年会が行なわれた。毎年、駐日本大使をはじめ韓日議員連盟・日韓議員連盟所属の国会議員や日本の各党から代表議員達が参加する。今年は団員を合わせると500名余りが参加した。 私は今年初めて覗かせていただいたのだが、日韓両国から多くの議員達の参加を見て民団の力の大きさを感じた。各役員、議員代表が祝辞を述べられたが、その多く…

続きを読む

【山下美智代コラム】永遠に共にいたい夫婦·男女の愛を描いた演劇『君を愛してる』

한국어 人生の中で、人は愛に出会い、そしてそれを深めていく。どんな愛の形であれ、「愛する人とずっと一緒にいたい」という思いは変わらない。そんな思いを感じさせてくれる大人なラブストーリー。 20年前に妻に先立たれ、どこか偏屈になっている牛乳配達員のマンソクが、廃紙回収しながら、一人孤独に生きる老女ソン氏に出会い、何となく気にかかり、惹かれ、恋がめばえる。意地っ張りで、自分の気持ちも伝え…

続きを読む