第4次安倍再改造内閣、家庭連合と関係の深い議員が多数入閣

160406.jpg
한국어
(Harbor Business 9/19) 9月11日に行われた第4次安倍再改造内閣で新たに閣僚として就任した、意外な人物が経済産業大臣に抜擢された。菅原一秀衆議院議員、入閣待機組に名前が挙がってはいたが、派閥に属しておらず、入閣の可能性は低いと見られていた。では、今回の組閣でなぜ無派閥の菅原が初入閣を果たせたのか、見え隠れするのは菅義偉官房長官の思惑だ。

多数閣僚入りした家庭連合関係議員

・武田良太 国家公安委員長・防災・行革担当大臣

2017年2月に韓国で開かれた世界平和国会議員連合(IAPP)の総会で韓鶴子総裁から「国家復帰」指示を受け、同年7月には同教団による外遊議員団の一員として渡米。昨年10月、国際勝共連合50周年大会に出席。

・竹本直一 IT政策・科学技術担当大臣

2016年11月、世界平和国会議員連合日本創設式典の晩さん会に出席、翌17年7月、家庭連合国会議員団の一員として米外遊。

PicsArt_09-24-01.30.20.jpg教団幹部と記念写真に納まる竹本直一や武田良太ら家庭連合米外遊国会議員団(竹本直一議員のFacebookより)

・萩生田光一 文部科学大臣

2014年10月、八王子市民ホールで開催された家庭連合の講演会に来賓出席し祝辞。

・加藤勝信 厚生労働大臣(再任)

2018年7月、厚労大臣として岡山の教団1万人信者大会に秘書を代理出席。

・衛藤晟一 沖縄・北方・一億総活躍大臣

2014年1月、教団関連団体・世界戦略総合研究所の定例会で講演し参議院議員会館使用の便宜。

・田中和徳 復興大臣

2016年10月、川崎駅での駅頭で教団機関紙・世界日報を配布。翌17年5月、教団北米会長一行と自民党本部で会談。

・菅原一秀 経済産業大臣

2017年 3月、世界平和女性連合に政治活動費から会費1,5万円を支払い  10月、衆院選で家庭連合青年信者運動員活用疑惑。11月、教団2世組織 ・勝共UNITEが永田町の広陵会館で開催した「改憲実現2020大会」に出席し信者を激励。

PicsArt_09-24-01.26.55.jpg
菅原一秀 経済産業大臣

これまでの安倍政権の組閣では数人の家庭連合系議員が閣僚に登用されてきたが、今回の閣僚人事は「異常」と呼んで差し支えないレベルで同教団への貢献度が高い議員が登用されている。