2016年03月23日

【英語力】 世界と戦う「中学英語」

한국어
「中学英語」を操り海外の著名経営者のこころをつかむソフトバンクグループの孫正義社長と、ネーティブ顔負けの語学力を持つブリジストン最高経営責任者(CEO)兼会長の津谷正明さん。

世界と戦う「中学英語」は、孫社長のことだ。孫社長が講演で使う英単語は、中学生並みのわずか1480語だ。孫社長の英語の特徴は、間違った英語を使っても気にしない反面、リズムとアクセントをきちんと抑える。同じ言い回しが頻繁に登場する。冒頭で「Thank you」、「This is ~」を多く使い、単文を活用する。

孫社長は、「確固たる信念や熱意があれば相手に伝わる」「相手に伝わりさえすれば細かい文法は気にしなくてよい」という考えだそうだ。反面「英語がネーティブに通じるか通じないかを大きく左右するポイント」とリズムとアクセントはきちんとマスターしている。

一方、ブリジストンの津谷CEO兼会長の場合は、正統派だ。「入社したときは全く英語がダメだった」ので量をこなす勉強に取り組んだ。ラジオ英会話は例文を覚えるまで復唱したり、映画も活用した。(「ゴッドファーザー」シリーズはビジネスで使える名セリフが多い)

英字紙や雑誌、小説は今も毎日欠かさず読んでいて、「語彙力を高めると言葉の微妙な違いが分かるようになる」「恥をかくことを受け入れられれば英語は習得できる」という。日本経済新聞(3月22日)

A1LXvcs8waL.jpg
【安倍晋三総理推薦図書】澁谷耕一著『逆境は飛躍のチャンス~リッキーと共に~』
【Classic book】Houketsu zusetsu(包結図説) 'Origata(折形)'
【ベストセラー】夢は、紙に書くと現実になる / ヘンリエッタ・アン・クロウザー著
【ベストセラー】ゴールドマン・サックスが中国を占領する
【ベストセラー】ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくるが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる
【経営セミナー】ヘッジファンド、「食べ逃げ」から「蜜ツボ」に生まれ変る時
【在日】2014年度マルハン新入社員入社式、マルハン! ゴールドマン・サックス破ってレジャー産業の頂上へ!
【経営セミナー】ゴールドマン・サックス
【人物】「死の淵を見た男」吉田昌郎と福島第一原発の500日
【経済セミナー】ブライアン・トレーシー「100万ドルの法則」
【経営セミナー】読書と成功
【ベストセラー】「我が時代の矛盾」-ボブ・ムーアヘッド-
【ベストセラー】免疫力を高める生活習慣
【ベストセラー】抗癌免疫力増進法
【ベストセラー】宗教はいかに同性愛嫌悪症を克服できるのか?
【書籍】「これが分かれば金持ちになる」 - 風水大家 李ジョンアム会長
【法王フランシス】「神のかたちは夫婦、即ち男性と女性である」
【国連】潘基文国連事務総長、「ウガンダの反同性愛法を懸念している」
【Miracle】The Miracle Of Human Creation:Image of God、하나님의 형상、神の像、神们像、Gottebenbildlichkeit
【Miracle】NASA Finds Message From God on Mars 火星探査船「Curiosity Rover」神のメッセージ発見 화성탐사선 "Curiosity Rover" 하나님 메시지 발견
【ウェブサイト】全世界ポルノサイトの60%, アメリカが占める
【アメリカ】米国テキサス州議会、中絶禁止法案通過 "妊娠20週以降禁止"
【ベストセラー】世界を変えた17の方程式 / Ian Stuart
【ベストセラー】「2030年富の未来図」 要約
【ベストセラー】「ブログマーケティング」
【ベストセラー】女性を虜にした167万部超えのベストセラーのドラマ化!?『人生がときめく片づけの魔法』
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【日韓問題】日韓の理解を目指してー「街に出たネット右翼」
【歴史】日本の【古代史コンプレックス】対 韓国の【近代史コンプレックス】:「私の文化遺産踏査記 日本編」
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者
posted by Cultural Highway at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435535169

この記事へのトラックバック