2016年02月29日

【世界孤児の日】 UN 「世界孤児の日」制定署名運動に協力しよう

한국어
私たちは、通常「低能児」と呼ばれる障害児が信じられない能力を発揮する場面を目撃することがある。楽譜を全く見ずにベートーベンの月光ソナタを完璧に演奏したり、天才的な画家の才能を発揮する子供たち・・・なぜ、そんな信じられない才能を発揮できるのだろうか?

医学的には、発達障害や自閉症などの脳機能障害を持った人々が、その障害とは対照的に天才的な能力を発揮する現象を「サーバント症候群(savant syndrome)」と呼ぶ。これは、障害児が左脳に損傷を受け右脳を多く使うために、天才的な才能を発揮する訳である。

それでは、すべての障害児は同じ天才的な才能を持っているのだろうか?それを左右する最も重要な要素は、彼らが意識的、若しくは無意識的に「喪失による欠乏」を驚くべき「創造的エネルギー」へと昇華させることができるかどうかにかかっている。

世界史において最も大きな影響を与えた政治家、宗教指導者、哲学者、科学者、作家、芸術家たちは、ほとんど親と死別したか、小児期に深刻な剥奪感を経験した情緒的な孤児だった。彼らは普通の人よりもはるかに多くの挫折と「喪失」を経験した人たちだったのである。

アレクサンダー大帝、ジュリアス・シーザー、シーザー、ジョージ・ワシントン、リンカーン、ナポレオン、ビクトリア女王、ゴルダ・メイア首相・・・彼らはほとんど孤児若しくは欠損家庭で育った。しかし、彼らは「孤児」のような「喪失による苦痛」を自分の中に眠っている「創造性を引き出す特別なチャンス」に切り替えたのである。

偉大な宗教指導者のモーセは捨てられ、仏陀は孤児であったし、マホメットは一才になる前に親を失った。孔子は一才の時に父を失い、ルソーは生まれて間もない内に、デカルトは一才の時に、パスカルは3才の時に、それぞれ母親を失った。

レオナルド・ダ・ヴィンチは私生児として生まれ、バッハは孤児だった。モリエール、ラシーヌ、スタンダール、ボードレール、カミュ、ジョルジュ・サンド、キプリング、エドガーエレンポー、ダンテ、アレクサンドルデュマ、トルストイ、ヴォルテール、バイロン、ドストエフスキー、バルザック、ジャン・ポール・サルトルなど、皆孤児だった。

すべての分野において創造的な人物は、共通して試練の中で人格を啓発したのである。「孤児」という「喪失」自体は、呪いでも祝福でもない中立的なものだ。ただし、その苦痛に対してどう反応するかによって、私たちの人生は創造的にも破壊的にもなる。

そして、「雪だるま効果(snowball effect)」のように、勇敢に行動すれば、新たな力と希望が湧き出て来て、勝利の連鎖が起きやすくなる。その反面、挫折すればするほど益々萎縮することになる。

陶器の焼き方を習いたいある青年が有名な陶器職人を訪ねた。彼はガラス箱の中の花瓶を見て、あまりにも美しく素晴らしい作品に感激して、「あの作品は本当に貴重なものね。これを売ってくれませんか」と尋ねた。

陶器職人は首を振りながらこう語った。「これを売ることはできませんよ。私が君のように若かった頃、酒とギャンブルに溺れて無駄な人生を送っていた。ある日、道を歩きながら、偶然にもゴミの山に捨てられた土を発見、それを拾ってきてこの花瓶を作った。捨てられた土でもこんなに立派なものを作ることができる。私は失った自信を取り戻し、酒とギャンブルを止めて、一生懸命に働いて今に至った。私は他人が捨てたものを拾ってきてこの作品を作ったが、逆にこの作品によって今の私が作られた。だから売ることは出来ませんよ。」

試練はまるで分水嶺のようなものである。捨てられた土が立派な陶磁器に変わり、捨てられた石が礎となるように、試練の家庭から偉大な人物が出てくるものだ。もしかすると、この時代の「孤児」たちこそが、私達自身の人生を輝かせる「特別なチャンス」として与えられた試練なのかも知れない。
「世界孤児の日」制定推進委員会ホームページ
UN 「世界孤児の日」制定署名運動に協力しよう
World Orphans Day_0001.jpg
「世界孤児の日」制定に署名した安倍昭恵 内閣総理大臣夫人
【在日】「世界孤児の日」制定署名運動発足式、「韓国孤児の母」尹鶴子(田内千鶴子)女史の志を受け継ごう
【在日】全羅南道道民会「2016新年会」
【在日】2016年民団新宿支部新年会
【在日】東京韓国商工会議所「2016年新春賀詞交歓会」
【在日】2016在日韓人会 新年会
【在日】在日韓国民団「2016新年会」
【日韓交流】韓日外相会談・慰安婦問題に対する韓国民団中央本部・呉公太団長の談話
【日韓音楽シルクロード】三拍子リズムの故郷とアリラン
【国際交流】漫画で一つになる「日中韓学生アニメーションフェスティバル2015」
【日韓交流】朝鮮独立運動家・尹奉吉(ユン・ボンギル)義士
【日韓交流】日韓グルメフェア2015 in 浅草
【日韓交流】韓・日国交正常化50周年記念「二輪で走る新朝鮮通信使」
【日韓交流】日韓国交正常化50周年記念「赤毛のアン」、日韓共演大盛況
【日韓親善友好の集い In seoul】 朝鮮通信使 ~260年の平和と友好~
【日韓交流】日韓親善友好の集い in Seoul
【朴槿恵大統領へ】 韓国人よりも韓国を愛する人ー岩國哲人氏:「新たな日韓の「新話」創造しよう」
【尹東柱マジック】空と風と星と詩
【日韓交流お祭り2015】跆拳道と空手
【日韓交流】日韓交流お祭り2015 in Tokyo
【日韓交流】東京・新大久保循環バス「K-shuttle」運行開始
【日韓交流】大山倍達「日韓友情の先駆者」
【真の平和の道Ⅲ】易地思之(相手の立場に立って考える)
【朴槿令氏インタビュー】東洋人の時代的な使命「超宗教、超国家、超人種、超宗​​派」
【韓国観光公社】在韓日本人ネットワーク
【日韓交流】日韓国交正常化50周年記念式
【日韓交流】平和を愛するユネスコ「人の心の中に平和の砦を」
【日韓交流】ヘイトスピーチ対ラブスピーチ
【日韓国交正常化50周年】「韓日友情フェスティバル」の為に
【日韓交流】叙々苑カップ第16回芸能人ゴルフチャンピオンシップ決定戦
【韓国の中の世界市民】淳昌多文化女性時調合唱団
【日韓交流】朝鮮の恩人達:日本人の独立運動家
【海上王•張保皐】現代版「海神」たち
【民族の春を求めて】民族啓蒙家•申錫九牧師
【南北分断と統一】70年捕虜及び帰還時代
【日韓交流】「あなたを忘れない」韓•日修交50周年、故李秀賢の父親に感謝牌
【日韓交流】日韓国交正常化の立役者•金鍾泌元首相、「新しい日韓関係を構築すべき」
【日韓交流】在特会研究 / 安田浩一
【日韓交流】在特会と日べ(イルベ)
【歴史】大和魂と問題解決能力
【教育】東西洋思想ヨーガ
【日韓交流】日本の古代史コンプレックスと韓国の近代史コンプレックス
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者
posted by Cultural Highway at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Column | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434395168

この記事へのトラックバック