【在日】 「世界孤児の日」制定署名運動発足式、「韓国孤児の母」尹鶴子(田内千鶴子)女史の志を受け継ごう!

한국어
2.8独立宣言記念日を迎え、訪日中の韓国・全羅南道の李洛淵(イ・ナギョン)知事が同席した中、東京都内で「世界孤児の日制定のための署名運動発足式が開催された。今年は、去る2012年、「韓国孤児のオモニ(母)」「木浦の母」と慕われた故田内千鶴子(尹鶴子)女史の生誕100周年を記念し、木浦に2000名が集まった中、国連「世界孤児の日」制定推進大会が開催されてから5年目を迎える年だ。

田内さんの長男である「日本社会福祉法人こころの家族」の田内基(尹基)理事長は、「数多くの団体があるが、孤児たちを応援する団体はほとんどない」とし「今度ビル・ゲイツ夫人を講師に招き、「私たちは世界孤児の日を望む」という趣旨の下、ニューヨークで社会福祉関係者の世界大会を開催する予定だ」と抱負を語った。

続いて、イ・ナギョン知事は「先月、四国の高知市を訪問して田内さんの記念碑を訪ねて献花した。故人が育てた孤児たちを象徴する3千個の小石で記念牌が囲まれていた。「世界孤児の日」を制定するためには、まず民間次元の運動を展開しなければならない。今月25日頃、国連を訪問し、「世界の孤児の日」の制定のために協力を要請したい」と参加者らを励ました。
2つ.jpg
田内さんの夫、故尹致浩(ユン・チホ)氏は日帝時代に木浦領事館の外交官であった。1928年、彼が橋の下で寒さに震えている孤児7名を見つけ、生活を共にしたのが正に「共生園」の始まりだった。

彼は素手で土をならし、子どもたちと一緒に祈りながら講堂を建てた。その時、海岸に流れついた難破船が見つかり、役立つ木材を取り、十年かかって完成した。講堂は現在も教会として使われており、中央の石造アーチ門の上にハングルで「共生園」と刻まれている。

それ以降、子どもたちの数は増え、力が必要になった時、音楽教師の田内さんが合流した。彼女は高知市に生まれ、1919年7歳の時に両親とともに韓国・全羅南道木浦市に渡った。熱心なクリスチャンになっていた彼女は、木浦共生園に奉仕し、尹致浩と結婚した。

解放後、総督府の治下で社会事業を経営していた日本人は故国へ引き揚げていたが、田内さんはただ一人は踏みとどまって、夫と共に最後まで園児たちを守った。しかし、彼ら夫婦は親日派と攻撃された。特に田内さんへの迫害が厳しい中、その時、彼女を助けたのは他ならぬ共生園の孤児たちだった。「日本人でも私たちのお母さんです」と体を張って命を守ってくれた。民族は違っても、真心は通じる。愛されれば、愛する人になる。助けられたら助かる。これが人間だ。これが共生園の歴史だ。

昭和25年に韓国動乱が勃発、戦禍はおびただしい孤児や捨て児をもたらし、拾っては育てるうちに園児は300名余りに膨れ上がった。ある日、尹園長は食糧を求めてでかけたまま、何者かに殺されたのだろうか、ついに帰って来なかった。田内さんは人の子の生命を一身に担って、愛する夫が心血を注いできた共生園を、夫の帰る日まで守り抜こうとするただ一心から、リヤカーをひいて米やキムチを貰い歩いた。その尊い姿勢は次第に世人の感動を呼び起こし、かつて反日感情を持っていた人々も、田内さんを通じて日本婦人の真価を見直すようになった。

田内さんは一人で共生園を担い続け、「韓国孤児3000人を育てたオモニ(母)」と慕われ、昭和38年、朴正熙大統領は、田内さんに文化勲章を贈り、その功績と苦労に報いた。当時の経団連副会長で日韓経済協会設立者でもあった植村甲午郎氏は田内さんから「共生園」の話を聞いて痛く感動し、「田内さんとその事業を励ます会」の結成を提案したところ多くの人が賛同し、同年10月、会の発足に至った。その翌年に日韓国交正常化が成った。

励ます会の発足は日韓両国で大きく報道され、海を超えた人類愛として、全国各地に波紋を広げた。日本政府は藍綬褒章を贈り、この受賞は異国の人に尽くした日本人社会事業者としてははじめてのことであった。また各地の居留民団からも温かい協力が寄せられた。

68年、田内さんは55歳で永眠し、木浦市初の市民葬として営まれた葬儀には3万人が参列、「この日、木浦は泣いた」と報道された。翌年日本政府より勲五等宝冠章が追贈された。田内さんは生涯をチマ・チョゴリと韓国語で通したが、最後の病室で残した言葉は「梅干しが食べたい」という日本語であった。このことが、後に長男・田内基(尹基)を多文化共生の老人ホーム「故郷の家」建設に向かわせた。すでに関西地方の四ヶ所で運営されており、今年7月に在日コリアンと日本人の高齢者に豊かな老後を過ごしていただくためにキムチと梅干しの老人ホーム「故郷の家・東京」が開設される予定だ。

69年、NHKに出演した長男、田内基の話に感動した日本航空の松尾静馬会長は、家族的な雰囲気の施設で子どもたちを育てたいという話を聞いて「愛の家」を贈る事になった。それを「JALハウス」と名づけあたたかい交流が続いた。今は卒園生たちのためのゲストハウスとなっている。

70年代の当時、320人の子供たちが仮設の狭い食堂で三交代で食事をしているのを見かけた大阪自彊館の吉村靫生理事長が木浦一夫社長に頼んで作らたものが大一食堂だ。今は、図書館として使われている。

祖父部から三代続いた田内緑(尹緑)園長の活動がNHKの番組「20世紀の映像」で放映され、これを見た小渕恵三首相は群馬県の梅の木を十二本贈った(2000年)。2008年、共生園創立80周年には小渕千鶴子女史が共生園を訪ねたこともある。

このように、田内さんの民間外交の成果は計り知れないものがあるといえる。かつて韓国の李政府によって反日感情を植え付けられた多くの人々か、田内さんを通じて日本人の真価を見直すようになった。そして2012年、田内千鶴子生誕100周年を記念して韓国・木浦に2000人余が集い、国連「世界孤児の日」制定推進大会が開かれることになった。国境を超越して人類愛を自ら実践した田内さんの尊い人生こそ、この時代を生きていく人類のロールモデルであり、世界平和の遺産として子々孫々と受け継がせるべきでだろう。
田内さんとその事業を励ます会 役員名簿
(昭和三十九年十二月一日現在)

〇〇〇〇〇〇〇〇〇会長 植村 甲午郎 経団連会長
〇〇〇〇〇〇〇〇〇理事 足立 正〇〇 日商会頭
〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇安藤 豊禄 小野田セメント相談役
〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇上村 健太郎 日本科学技術振興財団
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇神田 博〇〇   
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○吉川 久衛 衆議院議員
〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇木村 忠二郎 日本社会事業大学学長
〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇楠木 直道 いすゞ自動車社長
〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇田中 竜夫 衆議院議員
〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇団  伊能 日韓貿易協会会長
〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇鄭  漢永 日韓友好協会会長
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇徳永 久次 富士製鉄常務
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○灘尾 弘吉 全国社会福祉協議会
〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇西嶋 東〇〇 三井物産 常務
〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇野田 卯一 衆議院議員
〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇長谷川重三郎 第一銀行 副頭取
〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇浜田 幸雄 衆議院議員
〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇原田 憲〇〇 衆議院議員
〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇船田 中〇〇 衆議院議員
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇牧野 正士 石川島播磨重工業常務
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇○李  康友 日韓経済協会 副会長
〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇和田 他圭作 小松製作所 常務
〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇恩田 寛〇〇 東洋綿花株式会社東京支社
〇〇〇〇〇〇〇〇〇監査 山口 英治 日韓経済協会専務理事
〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇渡辺 欽〇〇

【在日】全羅南道道民会「2016新年会」
【在日】2016年民団新宿支部新年会
【在日】東京韓国商工会議所「2016年新春賀詞交歓会」
【在日】2016在日韓人会 新年会
【在日】在日韓国民団「2016新年会」
【日韓交流】韓日外相会談・慰安婦問題に対する韓国民団中央本部・呉公太団長の談話
【日韓音楽シルクロード】三拍子リズムの故郷とアリラン
【国際交流】漫画で一つになる「日中韓学生アニメーションフェスティバル2015」
【日韓交流】朝鮮独立運動家・尹奉吉(ユン・ボンギル)義士
【日韓交流】日韓グルメフェア2015 in 浅草
【日韓交流】韓・日国交正常化50周年記念「二輪で走る新朝鮮通信使」
【日韓交流】日韓国交正常化50周年記念「赤毛のアン」、日韓共演大盛況
【日韓親善友好の集い In seoul】 朝鮮通信使 ~260年の平和と友好~
【日韓交流】日韓親善友好の集い in Seoul
【朴槿恵大統領へ】 韓国人よりも韓国を愛する人ー岩國哲人氏:「新たな日韓の「新話」創造しよう」
【尹東柱マジック】空と風と星と詩
【日韓交流お祭り2015】跆拳道と空手
【日韓交流】日韓交流お祭り2015 in Tokyo
【日韓交流】東京・新大久保循環バス「K-shuttle」運行開始
【日韓交流】大山倍達「日韓友情の先駆者」
【真の平和の道Ⅲ】易地思之(相手の立場に立って考える)
【朴槿令氏インタビュー】東洋人の時代的な使命「超宗教、超国家、超人種、超宗​​派」
【韓国観光公社】在韓日本人ネットワーク
【日韓交流】日韓国交正常化50周年記念式
【日韓交流】平和を愛するユネスコ「人の心の中に平和の砦を」
【日韓交流】ヘイトスピーチ対ラブスピーチ
【日韓国交正常化50周年】「韓日友情フェスティバル」の為に
【日韓交流】叙々苑カップ第16回芸能人ゴルフチャンピオンシップ決定戦
【韓国の中の世界市民】淳昌多文化女性時調合唱団
【日韓交流】朝鮮の恩人達:日本人の独立運動家
【海上王•張保皐】現代版「海神」たち
【民族の春を求めて】民族啓蒙家•申錫九牧師
【南北分断と統一】70年捕虜及び帰還時代
【日韓交流】「あなたを忘れない」韓•日修交50周年、故李秀賢の父親に感謝牌
【日韓交流】日韓国交正常化の立役者•金鍾泌元首相、「新しい日韓関係を構築すべき」
【日韓交流】在特会研究 / 安田浩一
【日韓交流】在特会と日べ(イルベ)
【歴史】大和魂と問題解決能力
【教育】東西洋思想ヨーガ
【日韓交流】日本の古代史コンプレックスと韓国の近代史コンプレックス
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック