【人物】 ラースロー・テーケーシュ(Laszlo Tokes)「祈りの革命」

한국어
第二次世界大戦後、ソ連がルーマニアに侵入したとき、ルーマニアの共産主義者は1千人に満たなかった。彼らの中で靴職人であったニコラエ・チャウシェスクという若者は戦争中ずっと刑務所にいたが、戦争が終わるやいなや釈放されて共産青年同盟の秘書となった。彼はソ連に頼りながら、あらゆる残忍な方法で権力を掌握した。

政権を握った彼は、平壌を訪問し、金日成の統治手腕に感銘を受けて、金日成と義兄弟の契りを結び、ルーマニアを北朝鮮体制と同じくするのに全力を尽くした。国民を蜘蛛の巣のような組織で縛りつけて体制を守り、4家庭中一人の秘密警察がいた。数百万人の知識人、学生、宗教家たちが投獄されて死んでいった。国民がモミガラ混合のパンを買うために並んでいる間、政府はほとんどの食料品を輸出し、国民が飢えて死んでいく中で党幹部らは肥満に悩んだ。多くの聖職者たちは、政府の方針に同調して礼拝出席者の名簿を政府に報告した。

ところが、盤石のように堅固だった彼の権力基盤が、1989年12月クリスマスを控えて突然崩れてしまった。誰も想像すらできなかった事態が起こった。永遠不変だと思われた彼の独裁権力が一体どうして崩れたんだろう?その始まりは、ティミショアラ市にあった50人余りの小さな改革派教会から始まった。ラースロー・テーケーシュ(Laszlo Tokes)という牧師は幼く何の力もない人のように見えた。しかし、自分の限界を知り、神に委ねる信仰心は深く、すべてを祈りで始め、祈りで終えた。

彼は夜に小さな祈祷会を始めた。最初はおじいちゃん、おばあちゃん数人だけが参加したが、益々祈りが切実になり、国と自由と人間らしい生活のための祈りが行われているという噂が広がり、人々が集まり始めた。そんな祈祷会が爆弾になってチャウシェスク政権を倒すとは誰も想像すらしなかったのだ。このように、ルーマニア革命は闇を照らすキャンドルから点火されたものである。

【東方の国 日本】「偉大なる人道主義者」樋口季一郎
【命のビザ】良心の法を重んじた杉原千畝
【日本を救ったスリランカ】日本4分割を防いたジャヤワルダナ
【日本を救ったトルコ】100年前の恩返し
【ミヤンマー祭り2015】日本を救ってくれた恩返し
【ミャンマー総選挙】在日ミャンマー人
【政治】安倍改造政権支える宗教
【政治】安倍首相、難民支援に970億円支出 「安保理進出決意」表明
【政治】人間の安全保証と我が国のあり方
【番町政策研究所】2015躍進の集い
【政治】為公会と語る夕べ
【政治】新憲法を制定する前進大会
【第二次世界対戦終戦70周年】日本キリスト教の第二復興期
【政治】地球人を愛する外交
【政治】 日本の国造り、ビジョン2020
【同性婚条例】渋谷「同性婚」条例
【同性愛条例】同性愛は教会に対する警告
【法王フランシス】「神のかたちは夫婦、即ち男性と女性である」【バチカン】「どうもイエスが戻ってくるとはとても思えない」
【国連】潘基文国連事務総長、「ウガンダの反同性愛法を懸念している」
【ベストセラー】宗教はいかに同性愛嫌悪症を克服できるのか?
【Miracle】The Miracle Of Human Creation:Image of God、하나님의 형상、神の像、神们像、Gottebenbildlichkeit
【Miracle】NASA Finds Message From God on Mars 火星探査船「Curiosity Rover」神のメッセージ発見 화성탐사선 "Curiosity Rover" 하나님 메시지 발견
【同性愛禁止法】「同性愛禁止法は合憲」、インド最高裁が判決 は合憲、インド最高裁が判決
【ウェブサイト】全世界ポルノサイトの60%, アメリカが占める
【アメリカ】米国テキサス州議会、中絶禁止

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック