2015年03月25日

【海上王•張保皐】現代版「海神」たち

한국어
故金大中大統領は、就任前からIMF危機克服のために「グローバル開拓精神」を強調しました。そして、1998年に就任するやいなや関係長官と財界人を集め、張保皐(チャン·ボゴ)のドキュメンタリー制作を注文しました。

将軍でありながら海上貿易王だったチャン·ボゴと経済大統領のイメージを好んだ金大統領!不当に反逆者の烙印を押されたチャン·ボゴと共産主義者の烙印を押された金大統領!同郷人のチャン·ボゴと金大統領!

このようにして、朝鮮時代の巨商イム•サンオクの活躍を描いた小説「商道」の著者チェ·インホ氏を通じて、チャン·ボゴ小説「海神」が誕生され、全国的な広報効果を考え、ドキュメンタリーではなく、ドラマとして製作されたのです。

李明博前大統領は、2007年の大統領選挙時に「強力なリーダーシップを備えた経済大統領」のイメージをアフィールするためにチャン·ボゴを積極的に持ち上げました。

サムスンのイ·ビョンチョル会長は、1962年ごろのロンドン国際財界会議でチャン·ボゴについて約5分間講演しました。ヨーロッパ財閥の総帥たちは、1940年代に駐日大使として働いたライシャワー(ハーバード大学)教授が書いた書籍を通じて、チャン·ボゴが約1,200年前に海上王だったという事実を知りました。バイキングの末裔であった彼らは、彼がどのように民間の貿易をリードし、唐と日本、新羅を結ぶ海上貿易に成功することができたのか、その秘訣を知りたかったのです。その後、1999年に財団法人海上王チャン·ボゴ記念事業会の設立時、サムスンは相当額を寄付しました。

チャン·ボゴは今日、日本では「富神(赤山大明神)」、中国では「唐の将軍」として崇められており、エジプト古文書図書館にも彼の痕跡が残っています。

Collage 2017-05-21 12_52_43.jpg
(写真上)神社で祀られている赤山大名神
(写真下)中国・威海の赤山に建てられたチャン·ボゴ転記館と銅像
【民族の春を求めて】民族啓蒙家•申錫九牧師
【南北分断と統一】70年捕虜及び帰還時代
【日韓交流】「あなたを忘れない」韓•日修交50周年、故李秀賢の父親に感謝牌
【日韓交流】日韓国交正常化の立役者•金鍾泌元首相、「新しい日韓関係を構築すべき」
【日韓交流】在特会研究 / 安田浩一
【日韓交流】在特会と日べ(イルベ)
【歴史】大和魂と問題解決能力
【教育】東西洋思想ヨーガ
【日韓交流】日本の古代史コンプレックスと韓国の近代史コンプレックス
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者
posted by Cultural Highway at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日韓交流 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416205697

この記事へのトラックバック