2015年03月03日

【南北分断と統一】 70年捕虜及び帰還時代

한국어
去る1月13日、ニューヨーク聖潔教会で開かれた「韓半島の平和統一のためのニューヨークフォーラム」で統一研究院の先任研究委員ホ•ムンヨン博士は、「神社参拝」が南北分断の原因を提供したと述べた。

ホ博士は、1945年8月15日の解放に伴う「国土分断」、1948年大韓民国政府と北朝鮮政府の樹立による「主権分断」、1950年北朝鮮の南侵による3年間の同族相残と「国民分断」のステップを踏んで、領土、主権、国民が総体的に分断されたと語った。また、「神社参拝」という偶像崇拝が南北分断の根本的な原因であり、今年は「国土分断」から70年目に当たると強調した。

1930年代にカトリックと監理教(メソジスト)は、日本との摩擦を避けるために、神社参拝は宗教的な儀式ではなく国の儀式と解釈して、受け入れることにした。結局、長老教も総督府の圧力に屈して、1938年9月9日に平壌の「西門外の教会」で開催された第27回朝鮮イェス教長老会の総会で神社参拝が可決されたのだ。

その結果、1943年に日本キリスト教に編入された韓国キリスト教の歴史は途絶え、信仰の主体性と貞操を失ってしまった。「朝鮮キリスト教革新教団」はモーセ五書とダニエル書を排除し、4大福音書以外の新約聖書(ヨハネによる福音書を含む)をすべて削除することにした。また、多くのキリスト教団は、従軍慰安婦の募集と戦争物資調達に協力し(キリスト教神学、キム•ギュンジン)、青年は戦場に、少女たちは慰安婦として、壮年は炭鉱や工場に連行されて行った。

一方、神社参拝を決議してから10年目の1948年9月9日、北朝鮮に共産政権が樹立され、それから10年後の1958年9月9日、北朝鮮のすべての教会が閉鎖された。悔い改めと復興によって祝福された平壌のチャンデヒョン教会の跡地には、金日成の銅像が建てられた。まるで千年の歴史を誇っていたロシア正教会が、1917年のロシア革命によって一夜にして潰され、教会が博物館として転用されたのと同じ脈絡だ。

ホ博士は、ソロモンの偶像崇拝の後、北イスラエルと南ユダに分かれたように、韓国教会は神社参拝を可決し、精神的に崩れ、その結果南北に分断されたと語る。後ほど北イスラエルはアッシリヤに、南ユダはバビロンに滅ぼされ、ユダの優秀な人材のほとんどが捕虜になり、賤民だけがエルサレムに取り残された。

偶像崇拝の国バビロンに連行されたダニエルは、ユダヤ人を解放させた当代の義人だった。彼は断食しながら、粗布をまとい、灰をかぶって、自分と民の罪を悔い改めた。やがて彼の祈りは神に届き、ユダヤ人の罪は赦され、捕虜生活から解放されることになった(ダニエル書9:3-24)。彼らは、バビロンに連行されてから70年目の年から3次に渡って帰還する。カナンの地に帰ってきた彼らは、エズラの指導の下、民族的に過去の過ちを悔い改めた。

これに比べると、今日韓国キリスト教は未だ公式的に過去の過ちを清算していない。解放後、良心的な牧師達は韓国教会の純潔と悔い改めを促したが、長老教総会は神社参拝に対する悔い改めを拒んだ。その結果、「高神(高麗神学校)側」と呼ばれる新しい総会が出現することによって、本来一つだった韓国長老教は分裂し始め、今日に至っている。
Daniel.jpg獅子の洞窟の中のダニエル、ダニエル書6:10「部屋の窓はエルサレムに向かってあいていた。彼はいつものように日に三度、ひざまずき、彼の神の前に祈り、感謝していた」

【日韓交流】「あなたを忘れない」韓•日修交50周年、故李秀賢の父親に感謝牌
【日韓交流】日韓国交正常化の立役者•金鍾泌元首相、「新しい日韓関係を構築すべき」
【日韓交流】在特会研究 / 安田浩一
【日韓交流】在特会と日べ(イルベ)
【歴史】大和魂と問題解決能力
【教育】東西洋思想ヨーガ
【日韓交流】日本の古代史コンプレックスと韓国の近代史コンプレックス
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者
posted by Cultural Highway at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日韓交流 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック