【経営セミナー】 世紀の難工事「瀬戸大橋」

한국어
明治時代から未曾有の巨大橋建設という漠然とした構想はあったが、その構想が具体化されるきっかけとなったのは、1955年に起きた悲劇の事故だった。修学旅行中の子供達100人を乗せた連絡船「紫雲丸」が貨物船とぶつかり瀬戸内海に消えた沈没事故。「橋さえあれば……」、多くの人々が悲しみに打ちひしがれ、四国と本州を結ぶ「夢の架け橋」は、四国400万人の悲願となった。

この時、瀬戸大橋建設に果敢に挑んだ人物が、「不可能を可能にする男」「男が惚れる男」と呼ばれた、香川県丸亀市出身の杉田秀夫だった。彼は、先ず500回に及ぶ説明会を開き、漁師たちの同意を得た。しかし、風速70メートルに匹敵する早い潮の流れ、暗黒の海底、1日に1000隻の船が行き交う瀬戸内海、相次ぐ実験失敗、石油ショックによる工事の無期延期、そして妻の病気と死亡、、、。様々な紆余曲折を乗り越え、10余年間延べ900万人が投入された「夢の懸け橋」瀬戸大橋は遂に1988年4月誕生した。

「杉田秀夫の名言」

海は巨大で恐い。ちっぽけな人間の精神力は通用しない。生意気なことは考えてはいけない。

男は常に沈着冷静であらねばならない。いかなる苦境に立ってもうわずった声を出してはならない。悠々と構えよ、淡々と語れ。

逆境の中でやり遂げる執念が必要だ。後の世に人に笑われない仕事をしよう。

事を計るは人にあり、事の成るは天にあり。個人の業績などまことにけちくさいことなのである。

五分五分ならば、やる方にかける。

橋をつくるということの経験が人より多少に余計にあったからといって、これは人生の価値と全く別のことなんですね。偉大なる人生とはどんな生活を言うのかということなのですが、これは非常に難しい問題でありまして、瀬戸大橋をつくるよりはるかに難しい。
10881616_890462617652510_4786096413316246273_n.jpg
高さ200メートル、長さ9,368メートルの道路・鉄道併設橋として世界最長。総工費1兆1,333億円。
【経営セミナー】私は何も知らないということを知っている
【経営セミナー】老人と大人
【経営セミナー】私の辞書に不可能と回航はない
【経営セミナー】人脈とは?
【経営セミナー】名馬の復活「佰樂一顧」
【経営セミナー】人間らしき資本主義「ポートラッチとギフトgive-and-take」
【経営セミナー】プラス思考「パイプを持つ少年」
【経営セミナー】正論直筆 「澄んだ水の如く、天秤の如く」
【経営セミナー】選択と集中
【経営セミナー】肯定の力
【経営セミナー】苦は楽の種
【経営セミナー】想像力で創造する時代
【経営セミナー】牛の頭
【経営セミナー】李舜臣将軍
【経営セミナー】孫正義LIVE2011
【経営セミナー】天才を作るリーダーと天才型リーダー
【経営セミナー】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
【事故】貪欲が引き起こした「セウォル号」惨事、「脱出者以外一人も救助できなかった理由」
【書籍】「これが分かれば金持ちになる」 - 風水大家 李ジョンアム会長
【経営セミナー】ゴールドマン·サックス
【経営セミナー】サムソンの李健煕(イ・ゴンヒ)会長の名言 
【教育】「弘法大師 空海」の名言
【経営セミナー】CEOが求める人材像とは?
【ベストセラー】「2030年富の未来図」 要約
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【経営セミナー】「市場を先導していた企業が破綻する理由」 Session 1
【経営セミナー】「市場を先導していた企業が破綻する理由」 Session 2
【経営セミナー】「市場を先導していた企業が破綻する理由」 Session 3
【経営セミナー】「市場を先導していた企業が破綻する理由」 Session 4
【経営セミナー】ノルティギ-平和的相好依存の競協モデル
【Leadership】球形パートナーシップ
【Leadership】母性リーダーシップ
【Leadership】


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック