【事故】 貪欲が引き起こした「セウォル号」惨事、「脱出者以外一人も救助できなかった理由」

한국어
イ·ジェウン・忠北大行政学科教授は、「セウォル号」惨事に対して、韓国政府が脱出者以外に一人も救助できなかった原因は「単純化の原理」を違反したためだと指摘した。

「危機管理において最も重要なのは、単純化の原理だ。迅速な措置と効果的な対応のためには、命令-指揮系統が単純でなければならない。しかし、「セウォル号」の事故を指揮した中央災難安全対策本部(中対本)は有名無実化してしまい、12ケ所も対策本部があったため、深刻な混乱を招いた。」

「今回の海上事故は、西海地方海洋警察庁が指揮系統の中心になるべきだった。そして、現場指揮者以外のすべての部署長、次官や大統領は、今必要なものは何かを尋ねながら現場をサポートする業務だけに専念すべきだった。ところが、干渉や指示だけがあまりにも多かった。」

「中対本が欲を出した。大統領に報告して見栄を張るために、現場の西海地方海洋警察庁に被害状況を報告せよと要求した。現場で緊急救助や危機対応に専念しなければならない彼らを責めながら報告を要求した結果、初期「全員救助」という間違った報告が上がるなど、深刻な混乱が発生した。

アフガニスタンでのビンラディン射殺作戦当時、オバマ大統領は、作戦状況室のテーブルを合同特殊作戦司令部のマーシャルB.ウェブ准将に渡して、隅にうずくまって座っていた。オバマ大統領は、現場の指揮系統を尊重した。」
20140502121103999.jpg
「中対本部長は、直ちに災害事態を宣言し、対策本部と道市郡区の組織体制を一本化しなければならなかった。ところが、経験がなかった為に、中対本が設置される迄50分もかかった。現場では、30秒で子供たちが死んでいく状況だった。」

リーダーば、部下が費用を気にせず仕事ができるようにしてあげなければならない。 「法的には、応急措置のために必要な費用を先に使って、後ほど責任者に求償権を請求することができる。例えば、地滑りが発生して、緊急救助隊を投入しなければならない状況の中、ビニールハウスが邪魔になる場合、ビニールハウスを取り壊すこともできる。ところが、「セウォル号」事故に対して、そのような措置を取らなかったのは、公務員の問題だ。」

朴槿恵政府は、「自然災害」と「社会災害」(今年2月7日、「人的災害」と「国家基盤体系災害」を「社会災害」に統合)を分離した。専門性に欠ける安全行政部(安行部)が、青瓦台(大統領府)に報告する立場を確保したいという欲を出して、「社会災害」を担当した。従って災害業務非専門家のカン·ビョンギュ・安行部長官、イギョンオク・第2次官、イジェユル・安全管理本部長らが、「セウォル号」事故初期の指揮を取った。自分達で災害管理ができると考えたようだが、海難事故の場合、用語も難しく、船舶に対する知識もなかったため、試行錯誤しながら完全に乱れてしまった。一方、専門性のある消防防災庁は、安行部が上位機関であるため、何もいえなかったのだ。このような二元化が深刻な混乱を招いた原因だったと考えられる。これをきっかけに変わらなければならない。名ばかりの安行部には安全行政に責任を持つために必要なヒューマンウェアが抜けている。」

ヨハネによる福音書8章44節 あなたがたは、あなたがたの父である悪魔から出た者であって、あなたがたの父の欲望を成し遂げたいと願っているのです。

【言論】災害報道システムと言論の災害報道
【経営セミナー】南海の海運王「有村治峯」:「自分の今日を築いた三つの源」
【南北統一】統一への道 : 統一ドイツから学ぶ質素険約精神
【災害】2013 中国・ロシア 大洪水
【災害】台湾、巨大土石流
【事故】韓国高速鉄道3重追突
【災害】桜島で爆発的噴火 噴煙が5000m
【福島原発】「汚染水がすでに遮水壁の上や横から海に漏れている」
【福島原発】 超高濃度汚染水が地上に溢れ出すまでの猶予は3週間!
【福島原発】原子力規制委員会、東京電力、8月2日緊急招集会議「汚染水が止水壁を越え毎日100t流出」
【福島原発】東電「制御できていない」民主党の汚染水対策会議
【福島原発】放射性蒸気放出継続中
【福島原発】ドイツ人記者のレポート
【福島原発】東電、汚染水の海への流出初めて認める
【福島原発】「チェルノブイリ放射線汚染の真実」 - WHO(世界保健機関), IAEA(国際原子力機関), UNSCEAR(国連科学委員会)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック