2014年05月03日

【書籍】 「これが分かれば金持ちになる」 - 風水の大家 「李・ジョンアム」

20140502135809802.jpg
한국어
韓国道仙風水命理学会・イジョンアム会長著「これが分かれば金持ちになる」は、風水的な見識を持ってビジネスを営むことがお金持ちになる近道だと助言する。「成功、お金を呼ぶ命地、建物の機能に合う場所は決まっている。」

「宇宙の秩序は、公転と自転の地球の循環法則に従った陰陽五行の五運気(木火土金水)によって保たれる。これを体系化したものがまさに周易だ。環境に順応しながら生きる人間は、周易の64掛なくして、何も予測できない。従って、周易に基づいた風水は、土地と人間との調和であると同時に数千年の歴史に基いた経験科学と定義することができる。」

「風水は、宇宙の秩序に徹して順応する。墓地風水と建物風水の理は同じである。人体が有用な飲食を消化し、有害な飲食を排泄するように、良い方角と良くない方角を知って建物を選んでこそ、豊かな暮らしや正常な生活を営むことができる。」

「才能があるからと言って、誰もが成功するわけではない。人間の力で運命や天の時を左右することができないが、風水を変えることはいつでもできる。つまり、成功やお金を呼ぶ明堂(穴の前で開けた平地)、建物の機能に合う位置は決まっている為、それに従って変化を与えれば良い。」

李会長は約10年前に、先祖の墓地を間違って改葬し、数百億の詐欺に会った某グループの会長に、「間違った改葬の結果、災いは後孫にまで及ぶ」と予め警告したことがある。一方、李会長は、済州島である事業家の先祖のお墓を鑑定した。「死体は真っ黒に変色され、お墓の周辺にない木の根っこで縛られている」と診断した。お墓を掘り出してみると、さすがその通りだった。李会長の助言に従って吉地に改葬してから連続して成功した。

李会長は、国運を正確に予見して名声を上げた。李会長は、大統領弾劾発議、第17代国会の与党の議席数、ワールドカップ4強進出、北朝鮮の金正日総書記の死亡などについて予言し、すべて的中した。李明博大統領のソウル市長在職中に大統領当選、翌年の4大河川イシューと天安艦事件、平昌オリンピック誘致等々、信じがたい不思議な予言力は大きな話題を呼び起こした。

「国の運命は、国家指導者の運命と不可分の関係である。」 李会長は、2010年3月に発生した「天安艦沈没」と11月の「延坪島砲撃」を正確に予見した。又、今年4月17日「政経ニュース」出版社とのインタビューで、「5、6月に北朝鮮が4回目の核実験を強行する可能性が高い」と警告した。

そして、今年1月「政経ニュース」新年号特別インタビュー」で(南北指導者の四柱から見た大韓民国の国運 )、「朴槿恵大統領は、2014年に1回~2回程難局に直面することになりそうだ」と話した。

目次

幸運は人と場所と時によって決定される(p15)
学業を促進する文昌方位(p57)
昇進と栄転は禄马方位(p59)
恋愛と結婚は桃花方位(p61)
幸運を呼ぶ贵人方位(p63)
浮気を追い払う木鸡避煞法(p64)
避けなければならない孤劫同辰煞(p66)
警察庁長室と建物風水(p71)
生気宮に移って再当選した市議員議長(p80)
土地風水に反する主要権力機関の位置(p147)
ああ - !天安艦(p153)
大統領弾劾発議と与党議席数予測(p159)
改葬後破産したあるグループ会長(p282)
金長官は総選挙で落選する(p289)


【経営セミナー】南海の海運王「有村治峯」:「自分の今日を築いた三つの源」
【ベストセラー】世界を変えた17の方程式 / Ian Stuart
【ベストセラー】「2030年富の未来図」 要約
【ベストセラー】「ブログマーケティング」
【ベストセラー】女性を虜にした167万部超えのベストセラーのドラマ化!?『人生がときめく片づけの魔法』
【ベストセラー】私を変える心理学の智恵 「フレーム」: 「智恵」は「自分の限界を認めること」である
【ベストセラー】宗教はいかに同性愛嫌悪症を克服できるのか?
【日韓問題】日韓の理解を目指してー「街に出たネット右翼」
【歴史】日本の【古代史コンプレックス】対 韓国の【近代史コンプレックス】:「私の文化遺産踏査記 日本編」
【島国根性 大陸根性 半島根性】金 文学/日中韓の比較文化学者
【東洋人と言われるのが一番好き】金 文学/日中韓の比較文化学者
posted by Cultural Highway at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396147507

この記事へのトラックバック